選挙割 in 三田市

2015年三田市長選挙立候補予定者公開討論会

立候補予定者に聞いてみたい若者からの質問

テーマと質問(全6設問)

1 【三田市のブランディングについて】

三田といえば「アウトレット」と答える人が少なくありませんが、実際はアウトレットの所在地は三田市内ではありません。それでは三田市固有のアピールポイントは?といえば、確かに私たち三田市民にとっては「三田牛」など魅力ある農産物ブランドを持っているといえるのですが、全国的に見ると知名度がそれほど高いとはいえないのが現状です。また、かつて注目されていた「10年連続日本一の人口増加率」もすでにピークを過ぎたといえるようです。今後、三田市を全国的にアピールしていくためのブランディングについて、何か具体的な政策をお考えでしょうか?

2 【高齢化対策について】

市内、特に旧村部の高齢化が問題となっています。これらの地域には行政や社協の利便施設、介護福祉系の団体事務所などが近隣に少ないこともあり、高齢者福祉のためのサービスが公平に受けられない問題が出ています。また、そのようなエリアには商業施設なども少なく、さりとて駅前中心市街地まで出向こうとすれば、交通手段は自家用車を除くと路線バスしかなく、そのバスも本数が少ない上に運賃が高額なため、移動すらままならないのが現状です。このままでは旧村部の生産年齢人口減に伴う高齢者の社会的孤立が懸念されます。高齢者が安心して住める環境づくり、高齢者の負担を減らし、生活の利便を向上させるために、何か具体的な政策をお考えでしょうか?

3 【少子化対策について】

子どもの学びを支えるしくみとして、家庭・学校・地域の協力連携が必須だといわれますが、少子化時代を迎え、とりわけ行政、家庭、地域、市民活動団体、そして学校との関係が希薄化しているように感じます。それは、地縁組織の弱体化や、人口増加が顕著だったころと比べて子育て支援団体が育っていないことが原因ではないかと考えます。「子育てするならゼッタイ三田」というスローガンを具現化するためには、一層地域を巻き込んだ教育環境を充実させる動きが必要です。引いてはそれが少子高齢化の解決、そして住みよいまちづくり環境の充実にもつながるのではないかと考えられます。子どもたちにとって、そしてその家族にとっての魅力あるまちづくりについて、何か具体的な政策をお考えでしょうか?

4 【高校生に対するキャリアプランについて】

高校生が進路を決める際、家庭や学校で勧められるままに進路を決めることはよくある話だと思います。それは自分のキャリアプランについて考えたり、自己分析をしたりする機会が少ないことが原因の一つだと考えられます。中学生には職業観や勤労感を感じるための「トライやるウィーク」がありますが、より現実味を増して進路を考える高校生にはそのような機会はありません。公立高校の学区が再編され、高校受験の幅が広がった今、高校生の市外流出も懸念されます。同時に不登校などの問題も顕著化されています。市内にある6つの高校との連携、さらには地元の企業への職業体験などにおける連携、また市内在住のティーンエイジャー、とりわけ高校生世代のためのキャリア支援について、何か具体的な政策をお考えでしょうか?

5 【若者の参政について】

若者の政治離れ、投票率の低さが問題視されています。しかし、若者の立場からいうと、決して政治に興味がないわけではありません。どのような手段で候補者の政策にかかる情報を収集し、そこから何を判断したらよいのか分からないため「行きたくても行けない」のが現状なのではないかと考えます。来年から18歳から投票することができます。若者がいきいきと暮らし、市政にも積極的にかかわることのできるまち三田を、ほかの自治体にない強みとして生かせたら、若者の定着にもつながるのではないでしょうか?市政のトップとして、市民、特に若い世代がもっと政治に興味を持ち、実際にかかわるための、何か具体的な政策をお考えでしょうか?

6 【スポーツ振興と遊休施設について】

三田市には城山公園や駒ヶ谷体育館などのスポーツ施設がありますが、三田の環境や特色を生かした市を代表するようなスポーツ種目がないように思えます。三田市民にとってこれだと自慢のできるスポーツの育成や、他自治体も巻き込むようなスポーツの振興は考えられないのでしょうか?たとえば既存の施設を生かした広域スポーツのイベントの開催などは考えられませんか?三田市のスポーツ振興について、何か具体的な政策をお考えでしょうか?また、三田市内では、たとえばフラワータウンの駐輪場施設(武庫が丘)、狭間が丘給食センター(狭間が丘)、旧消防庁舎 (天神)、県立人と自然の博物館敷地内のホロンピアホール(弥生が丘)などの施設が遊休資産となっているようですが、今後の利活用や転用について、ついて、何か具体的な政策をお考えでしょうか?

立候補予定者4名の回答結果は以下からご覧ください。

笠谷圭司

森てつお

芝野照久

肥後淳三

(順序不同)